高断熱・高気密へのこだわり

高断熱・高気密へのこだわり

株式会社フビロは九州に高断熱・高気密住宅の概念がない時代から、「環境との共生」をテーマに、高断熱・高気密住宅用の資材販売を行ってきました。

当時は高断熱・高気密住宅と言えば、北海道や東北などの特に寒い地域のもので、九州エリアではまったく知られていないものでした。しかしながら、実際に現地で体感した高断熱・高気密住宅は「温暖な九州地方でこそ採用されるべき家」であると実感します。

九州は夏は猛暑でありながら、冬は雪が降るような寒波の日もあり、室内の温度を一定にすることができる高断熱・高気密住宅が最適な地であると言えます。

そこで当社では、高断熱・高気密住宅用の資材販売を行いながら、省エネや健康、快適性を追求した外張り断熱工法などの施工、指導、研修を実施。気密測定などの住宅性能診断も行い、「本当の意味での高断熱・高気密住宅」の普及に努めています。

高断熱・高気密住宅への想い

株式会社フビロは平成10年に設立いたしました。それ以前は大手建材メーカーに所属しておりましたが、当時は住宅の性能の重要性が周知されておらず、平成4年に退職するとフランス製の換気システムを販売するようになります。そして、そこで高断熱・高気密の概念や住宅と出合いました。

北海道や東北など、寒さの厳しい地域には高断熱・高気密住宅がありましたが、その時代の九州エリアにはまったく知られていないものでした。しかしながら、高断熱・高気密住宅は、夏の暑さにも効果的でありことがわかり、九州各県に足を運び、お取引先へ向けて高断熱・高気密セミナーを開催。その魅力を幾度となくお伝えしてきました。

そうして少しずつ共感してくださるお取引先が増え、6年の月日を経て、平成10年に株式会社フビロとして創業いたします。私が従業員に常々伝えることがあります。「ものを売るより、お取引先と一緒に取り組んでいくこと」、「建材屋であるが、九州の住宅をより良いものに変えられる」ということです。

九州の地は、夏は非常に暑く、冬は意外にも寒い、言うならば過酷な地域です。断熱工法・換気システムを採用した高断熱・高気密熱住宅は、高性能でとてもバランスのいい家。特に九州でこそ性能のよさを発揮する家ですが、まだまだご存じない方もいらっしゃいます。

株式会社フビロは、今後も九州の多くの方に住み良い快適な家をご提供できるよう、お取引先と連携し、ご提案し続けてまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社フビロ
取締役会長 福村 元良

高断熱・高気密の仕組み

断熱・気密は寒冷地だけの手段ではありません。温暖地の、特に冷房期間の冷房負荷を減らす手段のためにも断熱・気密は必要です。ただし断熱だけでは夏の快適性は向上いたしません。いかに夏場の日射遮蔽と通風計画を取り入れた室温上昇を抑える工夫が不可欠です。

断熱(外張り断熱)

構造体の外側を断熱材で包み込むことで充填断熱工法では解決しきれなかった問題点をすべて解決することが可能になりました。健康・快適・省エネルギーを実現できる次世代の断熱工法です。

外張り断熱工法

気密

部屋の内と外との空気の出入りを無くす事で、家の内と外との熱の出入りを小さく抑えて、すきま風の出入りを極力少なくし、室内の暖冷房効果を最大に引き出すもの。

気密測定・風量測定

計画換気

24時間換気システムを使って住宅内に流れる空気を計画的にコントロールする事で、快適な住まいをつくりだします。

24時間換気システム

全室暖冷房

部屋間の温度差を無くし、快適な室内環境をつくりだします。

電気蓄熱式暖房器『断吉くん』