事業・サービス案内

経済メリットが大きい太陽光発電

日本では、太陽光発電に興味を持つ人が増えています。
太陽光発電は、太陽電池を屋根に設置して、太陽の光で電気を作る環境にも良く、経済的にメリットがあるシステムです。地球は温暖化が進み、発電する時に二酸化炭素を出さない太陽光発電を、国も推進しています。

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを吸収すいて電気に変える太陽電池モジュールによって太陽の光から電気を作ります。そして、太陽電池で発電した電気を家庭で使える電力に変換するのです。

発電量が少ない場合は、電力会社から電力を購入して、発電量が多い場合は、電力会社に電力を売ることもできるのです。夏は、電力供給に問題が出ることが多いですが、太陽光発電を設置していれば、電力の消費量を抑えることができます。

年々市場拡大する太陽光発電

太陽光発電は、年々市場規模が拡大しています。
日本でも人気を集めている太陽光発電は、太陽電池によって太陽の光エネルギーを電気に変換する発電システムです。太陽の光を活用する太陽光発電は、エネルギー資源問題の解決策としても大きな注目を集めています。

太陽光発電は、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素を発電時に排出しないので、とてもクリーンで環境に優しいのです。

日本の太陽光発電技術は、世界でもトップクラスです。住宅用の太陽光発電システムで変換した電力は、家庭内の電力として使うことができます。

また、発電電力が消費電力を上回った時は、電力会社に送電して電気を買い取ってもらうことができるのです。雨の日が続いたりして、発電した電力では足りなくなった場合は、電力会社の電気を使えばいいのです。

これらのやり取りは、すべて自動的に行われるので、手間がかかりません。
様々なメリットがある太陽光発電システムを家庭に導入する場合、必要になるのが太陽光工事です。

太陽光パネルの設置工事

太陽光工事といえば、太陽光パネルの設置工事です。
しかし、太陽光パネルの設置工事と同様に重要なのが、電気工事なのです。電気工事は、自宅の電気系統に手を加える作業になるので、とても大切な工事です。

太陽パネルからのケーブルをまとめる接続箱を設置し、パワーコンディショナーの位置を決めたら配線を通します。パワーコンディショナーとは、太陽光パネルが作った直流電流を、家庭で使える交流電流に変換する装置のことです。

太陽光発電システムの容量に合った太陽光ブレーカーを設置し、検出ユニットは、分電盤の近くに設置します。発電量を計測するCTセンサーを取り付ける場合、向きを間違えないように取り付けることが大事です。
太陽光発電の売電量や買電量を家庭で確認するのがカラーモニターですが、このカラーモニターは、顧客の希望を聞いて設置場所を決めます。

最近は、カラーモニターでなくHEMSモニターを設置する方法もあります。
HEMSは、専用のモニターやパソコン、スマートフォンで売電量や買電量をチェックすることができます。

屋根置き型/屋根一体型の違い

太陽光パネルには、屋根置き型と屋根一体型があります。
建物に最も適したパネルを設置するためには、それぞれの特長を知っておくことが大切です。

屋根置き型

瓦などの屋根材の上にパネル専用の架台を設置して、パネルを取り付けて固定します。一方、屋根一体型は、屋根材の中に太陽電池セルを組み込んであるものです。架台を載せる必要がないので、建物の外観を損なうことがありません。

屋根置き型

一般的なパネルを使うため、設置費用を抑えることができますが、屋根一体型は価格が高めです。太陽光発電の設置には、3日から4日ほどかかることが多いです。高品質の優れた太陽電池パネルでも、屋根への設置工事が未熟だと、後でトラブルが起こることもあるので注意が必要です。

太陽光パネル設置工事は信頼できる施工会社へ

太陽電池パネル設置工事を問題なく行うには、実績があって信頼できる施行会社を選ぶことが大切です。

屋根に太陽電池パネルを設置する場合、どのような屋根でも設置できるわけではありません。屋根が老朽化している場合、太陽光発電システムを設置するのは危険です。

契約する前に、屋根の診断をしてもらって、問題がないとわかってから太陽電池パネルを設置することが大事です。