兄弟連弾🎹

こんにちは!

梅雨の中休みで、時折晴れ間がみえる福岡営業所から、廣瀬です。

6月初旬に子供たちのピアノのおさらい会が開催されました。

廣瀬家には、中学1年の長男と小学2年の次男がおりますが、二人とも緩い感じでピアノを習っています。

今回はそれぞれのピアノ演奏と、兄弟での連弾に挑戦しました。

おさらい会の10日前になっても連弾が形にならず、夜な夜な猛特訓を開始…
ちなみに私はピアノが弾けませんが、そんな父のアドバイスでも、まだ素直に聞いてくれています…

最初はうまくいかず、ケンカをして泣きながら練習をしていましたが、『音を絶たない』という、たった一つだけのアドバイスをそれぞれ考えて、お互いをカバーし始め、2日前には形になり、ピアノの先生からOkがでました。

おさらい会当日、それぞれの演奏はノーミスで終えましたが、連弾は緊張したのか、次男が途中で一回ミスをしました。演奏を止めるかなと思ったのですが、長男がアドリブを入れて、次男もそれに応えるように音を絶たず演奏を続けました。

演奏終了後、沢山の拍手をもらい、兄弟連弾の珍しさも相まって、多くの方からお褒めの言葉を頂いてました。

妻と私の父と母も会場で見守っていましたが、成長し続けている二人を見て、とても温かい気持ちになりました。

遠い目標や近い目標、選んだ目標と与えられた目標、さまざまな目標がありますが、どうしたらうまくいくか、音が重なって和音になるかを考え続け、チャレンジした子供たちから、沢山のことを学び影響を受けたヒロセでした!