喜びあふれる住環境を・・・気密測定・高断熱高気密住宅用資材販売・外張り断熱工法施工等の業務を通し、お客様へ「快適な暮らし」をご提供します。

太陽光工事と電気工事について

  • HOME »
  • 太陽光工事と電気工事について

太陽光発電・電気工事

年々市場拡大する太陽光発電

太陽光発電は、年々市場規模が拡大しています。
日本でも人気を集めている太陽光発電は、太陽電池によって太陽の光エネルギーを電気に変換する発電システムです。太陽の光を活用する太陽光発電は、エネルギー資源問題の解決策としても大きな注目を集めています。

太陽光発電は、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素を発電時に排出しないので、とてもクリーンで環境に優しいのです。
日本の太陽光発電技術は、世界でもトップクラスです。住宅用の太陽光発電システムで変換した電力は、家庭内の電力として使うことができます。

また、発電電力が消費電力を上回った時は、電力会社に送電して電気を買い取ってもらうことができるのです。雨の日が続いたりして、発電した電力では足りなくなった場合は、電力会社の電気を使えばいいのです。

電力の供給

これらのやり取りは、すべて自動的に行われるので、手間がかかりません。
様々なメリットがある太陽光発電システムを家庭に導入する場合、必要になるのが太陽光工事です。

電力工事

太陽光パネルの設置工事

太陽光工事といえば、太陽光パネルの設置工事です。
しかし、太陽光パネルの設置工事と同様に重要なのが、電気工事なのです。電気工事は、自宅の電気系統に手を加える作業になるので、とても大切な工事です。

太陽パネルからのケーブルをまとめる接続箱を設置し、パワーコンディショナーの位置を決めたら配線を通します。パワーコンディショナーとは、太陽光パネルが作った直流電流を、家庭で使える交流電流に変換する装置のことです。

太陽光発電システムの容量に合った太陽光ブレーカーを設置し、検出ユニットは、分電盤の近くに設置します。発電量を計測するCTセンサーを取り付ける場合、向きを間違えないように取り付けることが大事です。
太陽光発電の売電量や買電量を家庭で確認するのがカラーモニターですが、このカラーモニターは、顧客の希望を聞いて設置場所を決めます。

最近は、カラーモニターでなくHEMSモニターを設置する方法もあります。
HEMSは、専用のモニターやパソコン、スマートフォンで売電量や買電量をチェックすることができます。

PAGETOP
Copyright © 株式会社フビロ All Rights Reserved.